代表のご挨拶

人が人を良くする時代

60年代の高度成長期。80年代後半から始まったバブル経済とその崩壊。そして90年代後半から始まったITバルブとその崩壊を経て、今、私たちに本当に必要なものはなんでしょうか?

文明の発展はとどまることをしりません。その対象はついに宇宙へと向けられています。しかし、これ以上発展することで人類になにが得られるのでしょうか?

私たちは、時代はお金、発展の時代から、一人ひとりが心豊かに生活を送る時代へ変わっていると認識しています。現在問題になっている格差社会、お金を基準に競争する社会はやがて滅びるでしょう。そこに進化の余地はありません。人は常に進化しなければなりません。そのためは自分を磨き、人と触れ合う機会が必要です。これからは人が人を良くする。そんな時代が訪れているのです。

IT(情報技術)の代表であるインターネット。インターネットが一個人のためのツールである時代は終わりました、インターネットこそ、社会のツールとなりつつあります。ネットとリアルの融合=エコ。ITで人と人とがよりよく生活をおくるための手助けをいたします。